杉並区で賃貸マンションを探す

賃貸マンションに契約する流れは、一般に下見・入居申込書の提出・入居の審査・重要事項説明・正式契約となります。

賃貸契約では、借りる人と同等にその契約に対して責任を負ってくれる人が必要です。

それが連帯保証人と呼ばれる人です。

気に入った物件に申込む時に提出する入居申込書にはこの連帯保証人の名前や続柄などを記入する欄がありますから、賃貸物件を探すと思い立った時には依頼する人の心づもりをしておく必要があります。

連帯保証人には、物件を借りた人が家賃を滞納したり突然いなくなってしまったなどの際には、家主の請求に応じて家賃を払ったり荷物を引き取って部屋を明け渡すなどの重い責任が発生します。

ですから、連帯保証人を依頼するとなると親や兄弟などの近親族が一般的ですし、不動産会社からも連帯保証人は親族に限定されていることもよくあります。

また賃貸物件の正式契約には、連帯保証人になる人の印鑑証明や同意書も必要です。

同意書は、連帯保証人の実印を捺印して印鑑証明を添えることで連帯保証人としての責任を引き受けるという内容になります。